小学校受験を目指すWMのお気持ち表明ブログ。

2017生まれ男児の母が書いています。

小学校受験に対するお気持ち表明

二学期が始まり、“多忙感“をもつようになってきました。しかし、小学校受験の妄想は相変わらずしています。


まず前提としてウチの金・家柄は受験者層の中で最低値レベルなので、華やかな学校は受けるだけ無駄だろうなあと思います。また、共働きの体制を変える予定もないので、親の活動が盛んなところも無理だなあと。あとは、国立校は抽選はずれたらそれまでの勉強の意味ないやんと思ってしまうし(貧乏性ゆえに)、何より教育実験校だし実習生くるし、今の所あまり目指す気持ちはありません。

こう考えていくと、ウチの小学校受験って何なんだと思ってしまいますが、区立中学校(小学校)の状況を見ていると、学区の小学校・中学校に行かせることが本当に良いことなのか、迷っています。学区の小学校は、6年生の3分の2以上が中学受験で外に出てしまうと言われるような学校です。2月はじめにごっそりお休み。そんな中自分の子が残された(中受しない)側だったら何とも言えないし、かといって中受させる路線で行くか?というとまだ先すぎて自分の子が向いてるかどうかわからない。けれども、何もかも気にせず公立小→公立中行かせるかといわれると、公立中なあ・・・・・とこれまた何とも言えない気持ちになってしまいます。(「私立」対「公立」的な意味でなく、区事情的に大半が私立に抜けたあとの公立の様相がどうかという話です。学区の小学生でさえまず六中に希望を出すから公立不人気校はなおさらに、、、)

文京区は住みやすいところだとは思いますし、公立校の教育・施設も決して悪いわけではないと思います。でも。

閑話休題
小学校受験の良さって何かと考えたときに、本人の努力にもよりますが、高校・大学までエスカレーターなところだと思います。
公立小と公立中がいくら小中連携に取り組んでいても、一貫校と同じレベルまで教育を積み上げるのって難しいのではないでしょうか。また、受験のタイミングで習い事や趣味をセーブすることもあり得ます。もしも、自分のやりたいことがあってそれが続けられる環境ならその環境が長く続いたほうが、少年期の自己肯定感や人生の充足感を育むのに良いのではないでしょうか。・・・と思うのです。

ただ、色々と懸念もあります。小学校入学時点でその学校と長くやっていけるか見極められるのか。見極めを間違えたら悲惨なわけで。それから、今はまだそれでも先のことと鷹揚に構えていられますが、受験期近づいたら子どもに教育虐待してしまわないか。エスカレーターだからと努力を怠らないか・・・などなど。


書くのにだいぶ時間がかかってしまいましたので今日はこのへんで。