育児&育自diary

中学校教員、いきいきワーママ目指して頑張ります。

3回目のコンサート

子が伝染性の病気ではなかったのと、発疹も消え元気そうだったのでコンサートに行ってきました。
半年前からチケットを取っていたコンサートです。

f:id:adijopuw:20180805131217p:plain


ズーラシアンブラスという楽団のコンサートです。

ズーラシアンブラスは、よこはま動物園ズーラシアのマスコットキャラクターとして、園内で演奏を始めた金管五重奏の楽団。指揮者も含め全員が、ズーラシアで飼育されている希少動物に扮している。『音楽の絵本〜親子のためのクラシックコンサート』と題した演奏会を行う際は、会場の規模等にあわせて弦楽器、打楽器、ピアノなどが加わった様々な編成をとる。(wikipediaズーラシアンブラス」より)

溜池山王からガンガン歩き、ようやく会場のサントリーホールに到着しました。ロビーはまもなく開演時刻だというのにお子様たちで溢れかえっていました。
うちは前回のコンサートで開始直後に大泣きだったのでいつでも出られる用意をして着席。緊張が走ります。ところが…。

中は写真撮影ができないので写真は載せられませんが、徐々に集まってくる動物さんたちに前回とは打って変わって、息子は興味津々!!ちょうど前の席が空席だったのもあり、前の椅子にかぶりついて真剣に見、時に指さしてこちらに何かモゴモゴ言っていました。

良かった!大成功!やっぱり動物は赤ちゃんの友達ですね。実は予習としてズーラシアンブラスのDVDを見させたときには全くじっと見ていられなかったのですが、きっと小さいテレビの小さい画面でちょこまか動く存在と実物は違ったのでしょう。何はともあれ、前半はビックリするくらい真剣に見てくれました。


f:id:adijopuw:20180805132817j:plain
動物たちも個性的で、お子様はもちろん疲れた大人もクスリと笑わせてくれるちょっとしたユーモアな演出がされています。当初の緊張がだんだん和らぎ、存分に楽しませてもらいました。

途中、休憩が15分ありますが、オムツ替え台を探す、順番待つ、オムツ替える、で精一杯でした。ホールの地下にオムツ替え台のある男性トイレと、授乳スペース付きのオムツ替え台の2箇所あるので、可能ならパパママで行って、前者が空いたらパパお願い!後者が先に空けばママが!というのが良いかもしれません。
この休憩中にロビーではグッズの販売がありました。


後半は残念ながら子は少し飽きたみたいで、最後の一曲は寝てしまいました。選曲はあまり子供に寄せていない感じ。

終わってからはステージの前面に中心的なメンバーが来て、写真を一緒に撮れる時間がありました。勿論お客さんが殺到するので、うちは遠くから見ておしまい。


動物に興味のある子なら楽しめると思います!もう少し年齢上がってじっとしていられなくなったら難しいかも。
前回のソニー楽団と同様に、泣いたり騒いだりしたらロビーへ出るレベルのマナーが求められます。
全国様々な場所で公演をしているようですので、ぜひ一度足を運んでみてはどうでしょうか、オススメです。
www.superkids.co.jp