学校が大好きな学校教員のブログ。

中学校国語科教員、学校が好きすぎて有給とって仕事します。

久しぶりに前のめりな授業立案

息子もうすぐ11ヶ月、早いものです。4,5月と比べると体調はやや落ち着いてきました。しかし自分の方は仕事に関して悶々とすることも多く、スッキリしない今日この頃です。

ようやく一学期期末考査が終わり、残すは採点と細々とした成績処理のみ。普段ならあとは書写やって読み物教材やってお茶を濁す(!)ところですが、先日の沖縄慰霊の日の中学生スピーチがあまりにも素晴らしく、ぜひ授業で触れたいなと思い。
二学期に戦争教材をやる予定だったのを今期に引き抜き、書く活動に絡めようかなーとおぼろげに考えています。
最終的に「言葉の力」に帰着させる予定で、今回のテストでも伏線として作文問題に「言葉の力」を絡めてみたのです。
久しぶりにワクワクする授業計画。それはまるでぷよぷよだかパズドラだかでコンボをキメるような(やったことないのですが)、緻密な計画が全て繋がり合って生徒をハッとさせるような…そういう授業をやって夏休みに入れたらと思っています。

ただ時間が足りない…困った…。

この戦争と平和というのは難しくて(個人的に)、平和が大切なんて分かりきってる生徒たちに、言語を司る国語科としてどんなふうに結論をもたせるかまで責任をもって計画しなければとは思うものの。