学校が大好きな学校教員のブログ。

中学校国語科教員、学校が好きすぎて有給とって仕事します。

学校の仕事、工夫したことあれこれ

復帰してはや1ヶ月半が経ちました。

勤務の初めから最後までいられた日は多分10日ちょっと…3日に1回は朝か夕方か1〜数時間お休みを取って対応する日々。なかなか治らない息子の体調、大きい病院で診てもらえと保育園には言われたけれど、相変わらずの風邪による下痢ですね〜との診断。

仕事は頑張ってやっていますが、正直しんどいです。

まだまだうまく回り始めたぞという実感はないのですが、ここを工夫していますというのを記録しておきます。

提出物のチェック

テスト前最後の授業でチェック。生徒はその間自習。
今回、シャチハタのメールオーダーでABCのハンコを作りました。一つ1000円弱。ページをめくって赤ペンを持ち替えるよりは楽かな?Cはあまり押さないので購入はもったいなかったかも。

シャチハタ 印鑑 ハンコ キャップレス9N メールオーダー式 XL-CLN1/MO ブルー

シャチハタ 印鑑 ハンコ キャップレス9N メールオーダー式 XL-CLN1/MO ブルー

よく書く文言もハンコにしました。「提出期限を守りましょう」と「このページが不十分です」はこれで作りました。
http:// http://www.shachihata.info/shachihata/item/kakugata/sokutatsu.html#_ga=2.117595530.227131011.1526455703-977313966.1524489291

忘れないようにメモする

覚えておくべき内容は付箋に書いてマステで机に貼ってます。ひと目でわかるよう端的に小さくない字で書いて可愛いマステで貼ることにしてます。
マステを切るテープも買ったのですが、携帯できて挟む系のはテープの厚さに負けて挟めず、使ってません。一方、マグネットで机にくっつくテープカッターは重宝しています。

自習課題

中学校国語科なので作文を机の上の分かるところに用意しています。
教科書に載っている説明的文章から、都立の作文問題と同じような形式で、テーマを設定して意見文の原稿を書く形です。本当は年度始めに相互添削の練習もしたのですが、実際に行ったときには自習監督の先生にそこまでは頼めず(うるさくなりそうだから)、書かせっぱなしにしてしまいました…。

伝えることはメモで

職員室在室時間が限られているので、伝えたい用事は付箋に書いて相手の先生の机に貼っています。どうしても対面で伝えなきゃいけないことはほとんどなく、メモで事足りています。
ちなみに、サラサラかけるボールペン、SARASAを愛用しています。

頼まれ仕事はその場で

すぐできることはその時やっている仕事を中断して済ますほうが、忘れたり遅れたりすることもなく相手の信頼も得られるので、得だということに気づきました。

プリントは全クラス分一度に印刷

これまでは場所を取るからとその都度印刷していたのですが、印刷時間が勿体なく、一度に全クラス分刷って足元に保管することにしました。


最近は心身ともかなりヘロヘロで帰宅して息子と遊ぶのが癒やしの時間です。ただ、仕事は進まないし学校での肩身は狭いし「ここではないどこかへ行きたい感」がやばいです。