育児&育自diary時々保活。

2017年8月に男の子を出産した新米ママの日々の記録。保活も頑張ります☆

漫画&ドラマ コウノドリ

出産前後で読んで良かったもの第一位は 漫画『コウノドリ』。出産を扱った漫画です。

それまで全く妊娠出産に無関心だったし、妊娠してからもわりと順調にきていたのですが、作中、元気だった妊婦がソウハク(=早期胎盤剥離)を起こしてカイザー(=帝王切開)を受ける!果たして我が子との対面は叶うの…?なんてエピソードを読むと、どれだけ出産が奇跡的なことなのか思い知らされました。

私はKindleで全巻買いました。その日(産前休暇の超暇なある日)は一日中大号泣でした。


妊婦さんはもちろん、奥さんを支える旦那さんにもぜひ読んでほしいです。また、先週金曜日からドラマもスタートしたので、漫画はかさばるからちょっと、という方はドラマを視聴されてはどうでしょうか。




余談ですが、私が息子を産んだのは地元の大学病院でした。大学病院ということで、ハイリスク妊婦さん&先天性疾患ベビーが多く、私も心臓病持ち故にこちらにかかっていたのです。
ある妊婦さんに対して助産師さんが「赤ちゃん、様子を見て手術になると思います。」と説明していたのが今でも忘れられません。
また、1ヶ月健診のときも小児科でいろんな赤ちゃんや子供を見ました。
生まれた当時は健康でも、成長してから病気が見つかるかもしれないし、怪我するかもしれないし、そう考えると健康・元気ってありふれた当然のことではないんだなぁと思います。