育児&育自diary時々保活。

2017年8月に男の子を出産した新米ママの日々の記録。保活も頑張ります☆

1ヶ月健診と入院代の精算

先の記事で何となく書きましたが、1ヶ月健診について。
赤ちゃんとの初めての外出ということで、持ち物や服装など私は分からないことも多く戸惑ったので、「これから〜」という方の参考に少しでもなればと思い、記しておきます。


1ヶ月健診流れ

計測。体重、身長、頭囲、胸囲の測定。脱ぎ着しやすい服装(普通の短肌着+2wayオールなど)、体重計測時にスッテンテンになるので替えのオムツが必要。


ここから健診に呼ばれるまでが長かったです。授乳スペースはあるものの、先客がいて使えなかったりで、いらんだろと思いつつ用意していたミルクセットを急いで取り出してミルク作り…。
ミルクは100ミリ用のスティックを持っていっていましたが、もう少し少量ずつを小分けにして用意しておくと良かったです。
他所のご夫婦は↓こういうグッズを持っていっていました。

ピジョン ミルカー

ピジョン ミルカー


それから、ミルクを作るときのお湯について。
今回調乳ポットで70℃にしたお湯を魔法瓶で持っていき、早めに作って冷ませばいけるかなと思っていましたが、ミルクは突然必要になったりで、冷ましてる間にもギャン泣き…!てなこともあったので、湯冷ましもあればよかったなと思いました。
水道で冷やすにもトイレの手洗い場もどうかと思うし、そもそもご丁寧に水道からはお湯が出た笑
で、調べたところ、赤ちゃん用のミネラルウォーターがあるんですね。


オムツは持ち帰りかなと思っていましたが、病院のトイレに専用のごみ箱があり助かりました。
待合のいすにエアコンの風が当たったり、当日雨が降ったりで持っていったバスタオルが役に立ちました。


さて、健診では音や光に反応するか、気になることはないかを訊かれました。股関節の開きやお腹、性器の触診、引き起こし反射の確認をしていました。
あとはビタミンK2シロップ投与の説明。
のませてくれるのかと思いきや、最近は稀に3ヶ月までビタミンK2不足で頭に内出血を起こす子もいるらしく、3ヶ月目までの8週分を処方されました。退院してからこれまでの1ヶ月は与えなかったけどいいんだ…?
で、赤ちゃん側の健診は終わりです。


母親側は、血圧と体重測定、内診、助産師指導という、妊娠中の健診からエコー取ったような内容でした。
診察は一瞬ですが、運悪く?呼ばれる直前に息子がぐずりだしたのでミルクをあたふたしながら作り…。


一番の持ち物(?)としては付き添いです。
付き添いがいてくれるのといないのとでは段違いに動きの大変さが違ったと思います。母に感謝〜。


なお、抱っこひもは意外と使いどころが少なかったです。
病院までは車で移動したのと、院内をそんなに歩かない、診察待ちのときは横抱きしてる、などからかえって荷物になってしまいました。
それから、ベビーカーの方もそんなにいなかったなぁ。



持ち物まとめ

  • 母子手帳
  • 診察券
  • 保険証(赤ちゃんのも)
  • オムツ5枚ほど+おしり拭き
  • 着替え
  • バスタオルやおくるみ
  • 哺乳瓶2つほど
  • 粉ミルクinミルカー
  • お湯+湯冷まし
  • ガーゼ
  • ウエットティッシュか清浄綿
  • ゴミ入れのナイロン袋など
  • 付き添いの人

余談ですが

私の退院日が日曜だったので入院費用の精算が当時出来ず、1ヶ月健診の時に…という話だったのですが、息子の保険証が間に合わず実費で払いました。
私の出産にかかる入院費(一時金から足が出た分)、息子の入院費(母体心臓病ということで息子も入院扱いになった)、母子の1ヶ月健診代、、、で34万の支払いでした。いやはやビックリですよ。息子関連は後で払い戻しいくらかあるけど…。
持ち物、最後にクレカ、、、必須です。