育児&育自diary時々保活。

2017年8月に男の子を出産した新米ママの日々の記録。保活も頑張ります☆

入院に持ってって便利だったものたち

f:id:adijopuw:20170702171145p:plain
↑のようなチェックリストを作って持ち物を用意していたのですが、あって役に立ったもの、逆に無くてよかったものを記しておきます。

無くてよかったもの

  • 母乳パッド

心配するほど母乳出ませんでした。退院した翌日訳わからんほど垂れてパジャマが濡れましたが、入院中は一切使わなかったです。人によると思います。経産婦さんだとまた違うかもしれない。

ティッシュ自体はいると思いますが、ポケットティッシュ三つくらいで十分でした。

  • 夜用ナプキン

これは病院によりけりかな?うちの病院はかなりたくさん貰えたので自前のは使わずに持ち帰りました。

あって役に立ったもの

  • 綿棒

人によりけりですが私には6日も耳垢を撮れないことがストレスでした。

  • 洗浄綿

↑これを持っていきましたが、かなり重宝しました。慣れない授乳で乳首がひりひりするのを手入れしたり、産後数日間、用を足したあと悪露をきれいにしたり、とにかく役に立ちました。個包装なので使い勝手もいいです。

  • 乳頭クリーム

リストにはいれていませんでしたが、これがなかったら乳首死んでたかもしれません。とにかく初めての授乳はあまりの赤ちゃんの水付きの強さにびっくりしました。痛い。毎回の授乳後に水コットンとメデラのクリームを塗って騙し騙し痛みに耐えていました。

  • うちわ

これもリストにはありませんでしたが、よく陣痛中に仰いでもらって楽でした★と聞くので持っていきました。陣痛中というより、大部屋で冷房の効きが足りないときに重宝しました。

  • テニスボール

うちの病院には陣痛室に貸し出しがあると聞いていたので持っては行きませんでしたが、やっぱりよく言われるように、ある程度の硬さのある球状のものは必須です。




これから出産の方、頑張って元気な赤ちゃんを迎えてくださいね★