育児&育自diary時々保活。

2017年8月に男の子を出産した新米ママの日々の記録。保活も頑張ります☆

産後のこと。

入院中のイレギュラーなことなど

イレギュラーなのであまり役に立たないレポかもしれませんが、書いておきます。

出産後、貧血気味だったのか、歯磨き中に失神しました。間一髪声をかけに来てくれた助産師さんが受け止めてくれてケガはありませんでしたが、本当に申し訳なかったです。
産後0日目がそんな感じで、1日目、2日目は特に何事もなく、なれない夜の授乳も産後ハイな感じで苦ではありませんでした。


血液検査 ~Dダイマー~

3日目は血液検査がありましたが、ひっかかりました。授乳中に助産師さんが伝えに来てくれたのですが、以下のような内容でした。
血栓ができているときに高くなる数値が、今回かなり高い。
・このあと昼から造影剤を入れてCTをとる。
・終わるまで絶食。
・造影剤を入れてから48時間(退院の日の昼まで)授乳できない。
・何事もなければ退院の日は変わらない。血栓ができていれば、服薬や場所によっては手術になる。

血の気が引いてその時は何も考えられませんでした。
「Dダイマー60なのよ」
「まぁ70で何もなかった人もいるから大丈夫」
「じゃあ造影剤入れる前に搾れるだけしぼっとこ!」
など助産師さんたちの会話が悲しかったです。

産後3日目の昼食は祝い膳の予定でしたが、これは検査が終わるまでおあずけ…。腕に点滴の管を付けて放射線室まで移動します。動くと血栓が飛ぶかもということで、物々しくも車いすでの移動です。

待ち時間が意外と長く、付き添いの助産師さんに色々とお話を聞いたりしてもらって過ごしました。助産師さんも忙しいだろうに、これまた申し訳なかったです。



CTスキャン

MRIを撮ったことがありますが、あれは耳元でカンカンうるさくて仕方がなく、CTもそんな感じかなと思いきや、一種のアトラクションのように細長い狭いドーム内に「それでは始めまーす!」というお医者さんの元気なアナウンスとともにシュウウン…と吸い込まれていき、息を止めたりなどはあるものの、特にわずらわしさなどなく、何回かに分けてドーム内を移動して終わりました。
造影剤は痛いのだろうかと思っていましたが、普通の点滴でした。入れてから体が熱くなる感覚がする、とのことでしたが、科学的な薬品を吸い込んで酔っ払ったような感じでした。不快感というほどでもありませんでした。


その後は、それまでに絞っておいた母乳を、それが尽きたらミルクを退院まで瓶哺乳しました。私はあまり思いつめる質ではないので、周りのお母さんたちは直母なのに私ってダメ母…とかは思いませんでした。ただ、あげられなくても母乳は絞って捨てなきゃいけないのが損した気分でした。

そもそも血栓が疑われるくらい血液がどろどろなのは、私の臨月の過ごし方が悪かったからで反省すべきだと思いますが。


検査結果

さて、結果ですが、何ともなかったです。
本当に良かったです。
単にドロドロな人、ということでした。運動と食生活頑張ります。


追記。祝い膳

検査が終わって温め直してもらった(有難すぎます)祝い膳を食べました。
f:id:adijopuw:20170826095337j:plainf:id:adijopuw:20170826095353j:plain
おいしかったです。