キラキラ★育児&育自diary

2017年8月に男の子を出産した新米ママの日々の記録です♪

教員採用試験(非常勤)でめちゃクソ不快だった話

全く保活やマタニティとは無関係の記事を書きます。
東京都北区のとある私立中高一貫校の採用試験を受けた時の話です。



私は「婚約のための引っ越し♡」という建前で、当時勤めていた地方の公立中学校から足を洗い、都内で就活をしようとしていました。もう冬も真っただ中で、当然正規採用の試験時期は終わっていたため、私立の非常勤採用を求めて10校くらいに書類を送りました。
私のような凡庸な学歴、それも一度他県で採用されてすぐやめるような人間ですから、特にアピールポイントもなく、書類選考が通ったのは3校だけでした。


大体どこもそうですが、①書類選考→②筆記試験→③模擬授業・面接→④管理職面接みたいな流れです。3校のうち、どうしても日程の都合がつかなくなった1校は諦めて、2校に全力を注ぐことにしました。
ところが、その2校も筆記試験の日程が被ってしまい、「都合が悪ければ日程調整します」と案内のあったX校は別日に変えてもらいました。


X校の筆記試験当日、室内には私以外にも別日受験者が何人かおり、それぞれの科目の筆記試験を受け、提出して解散しました。


それからほどなくして筆記試験の合格と次の試験の案内がきました。ところがそこにはこのように書いてあったのです。



前回の筆記試験時に配布済みの教材を用いて模擬授業を行います。模擬授業・面接は明日です^^(意訳)








Oh,
my
god.



まじで信じられないのですが、私は教材を受け取った記憶も、受け取ってから解散するよう指示を受けた記憶もありませんでした。
とにかく今ここに模擬授業の教材がないことはかなりヤバい状況ですので、急いで担当者にメールで連絡しました。貰ってないのですが、今から教材を頂けますか、と。返事は明くる日の朝=試験当日の朝に来ました。
私は慣れない東京のお洒落なカフェで5通から成る、教材本文を読み解きながら模擬授業の内容を考えました。本文は中央大かどこかの受験問題で、これを高校二年生を対象に解説せよ、といった内容でした。


模擬授業は4時ごろからでした。名前を呼ばれ、考えてきた内容で必死に模擬授業を行い、振り返りと書類選考時の書類をもとに面接が行われました。
「本校は部活動指導が熱心な学校なので、時間外の勤務もできますか」とか「機械のアクセントが訛ってる」とか言われました。私としては教材の配布がどうなっていたのか聞きたかったのですが、採用担当者ではない先生たちが面接官だったので聞けませんでした。



…と、この数日後に並行して受験していたもう1校が「模擬授業・面接の結果、最終面接はカットで採用内定です★(意訳)」の連絡をくださったので、条件の良いこちらの学校に採用をお願いし、X校の方は結果も出ていませんでしたが辞退することにしました。その旨を連絡したところ、採用担当者から以下のようなメールが来ました。


この度は…(以下挨拶文)
私どもとしましては、もう一方の男性の受験者の方が良かったのですが、本校教員の男女比から、女性である貴方を採用しようかと思っていました。しかし失礼ながら貴方の模擬授業はもう一方の方と比べて稚拙なところが目立っていて…(意訳)







Nani,
iuten
no???


まじで目玉ポーン状態でした。よく内定辞退すると怖い脅しが来るとか聞きますが(一般的な民間の就活で)、そんな感じなのでしょうか。生活かかってますから待遇のいい学校に行きたいし、教材が渡っていなかったことに何の言及もしないX校には不信感もあったのですが、この連絡を見て、改めてこの学校に決まらなくてよかったと思いました。
募集要項に男女不問と謳ってんのにおかしいだろ、と。
もう一方も当日朝から必死こいて模擬授業の立案したんかい、と。
なにより模擬授業の場にいなかった担当者に「模擬授業が稚拙だった」とか言われたくない。



その後何らかこの学校や担当者に天罰が下ってればスッキリ話になるのですが、そういうオチはありません。非常に残念です。



今日偶然その学校の求人を見かけてムカムカが再燃したので書きました。
恐ろしいことに採用担当者は当時と同じでした。