保活、まず何から?

「保育園落ちた」から一年

「保活」という言葉が聞かれるようになって一年。妊娠したはいいものの、経済的なことを考えれば、「出産を機に退職」は現実的でなく、ならば保育園に入れながら働くことを考え始めたわけですが、何から始めればいいのかわかりませんでした。そこで、同じ境遇の方に向けて「今まさに」私が行っている保活について記録していこうと思います。どなたかの助けになれば幸いです。



1.区役所に行こう

まずは情報収集です。区のHP(や、東京都福祉保健局のHP)から必要な資料をダウンロードするか、実際に区役所に行って「30年度の保育園入園を考えている」旨を伝えてください。必要な資料としては、①区内認可保育園の内定指数一覧、募集定員・申込者数一覧、②保育園入園手続等の冊子、③認証・認可外保育園一覧です。


2.情報の取捨選択をしよう

手に入れた保育園一覧から、通える範囲の保育園を洗い出します。認可保育園、認証・認可外保育園問わず、まずは通えるところ全てをリストアップしましょう。
f:id:adijopuw:20170622120459p:plain
Excelに地道に打ち込んだもの。打ち込んだ後で「やっぱここは無理だな」ってのも出てきました。
認証・認可外は区外であっても徒歩圏内・バスで一本など、通えるところもあるため隣接する区の住所も確かめてください。認可保育園と、認証・認可外保育園の申込先・申込方法は全く違うため、ここでは認証・認可外保育園の保活について説明していきます。(認可保育園の申込は12月からなので、先着受付順なども多々ある認証・認可外を先に攻めます)


3.認証・認可外保育園の見学予約をしよう

認証・認可外保育園は「先着受付順」の保育園もあるため、とにかくまずは予約をします。保育園のHPやブログなどで説明会の案内をしていることもあります。そういう案内があれば、電話の時にその案内を見た旨を伝えるといいと思います。また、4月は入園時期で忙しいため、電話は避けるべきと言われますが、実際のところいつならOKなのかはわかりません(;´・ω・)
私の場合は、5月の1週目から予約電話を始めました。5月から年度1回目の説明会を開く保育園もあるので、5月の1週目あたりにかけてみて、「また後日」と言われた場合は従えばよいのではと思います。なお、土曜日は担当者がいないので、などと予約がとりづらい傾向がありました。フルタイム勤務の方は大変だと思いますが、平日に電話をかけましょう!!


4.見学に行こう

…とその前に、あらかじめその保育園の予習をしておくこと!見学時にチェックすべきポイントを決めておくこと。各保育園にはHPがあったりするので、必要な部分を印刷して目を通しておくと良いです。チェックすべきポイントは通園に無理はないかや、園の外観・内観、先生たちの様子、子供たちの様子、食のこと、持ち物のこと、、、などです。
f:id:adijopuw:20170622120755p:plain
これまたExcelで作ったもの(;'∀')
予約電話時に、伺う時間帯をこちらで決めてよいのであれば、登園が終わって朝の遊びの時間帯か、お昼寝後のおやつから室内遊びにかけての時間を指定すると良いです。


5.質問しよう&申込について確認しよう

気になったことはぜひ質問しましょう。ま、ただよほどその園に興味がある場合は色々聞けばよいと思いますが、私の場合は、言葉は悪いけれど認証・認可外はあくまで押さえ。0歳定員が実質何人か申込の実際の手続きについてをしっかり聞いておけばいいやと思いました。あと個人的には地震に対する備え(耐震構造か?避難場所は?など)を聞きました。…で、申込が今すぐできるのか、時期が来たらなのかよく聞いてメモしておきましょう。私が見学した保育園は①その場で申込書を出せるところ、②半年前から申込アナウンスをするところ、③半年前から手付金さえ払えば枠を確保できるところがありました。




以上、まず初歩の初歩にやるべきことでした!続きはまた後日~~~~~。
役に立ったらいいのですが(#^^#)

広告を非表示にする