読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予定日まであと89日

ついにあと3ヶ月を切りました。早いなー。
実は分娩予定にしてた病院から、持病を理由に
他院を紹介され、そちらに診察予約は取ったものの
正式にはまだ分娩予約は取ってないんですよね。
無痛分娩&計画分娩がいいなー。

土曜日に保育園数園に見学電話をかけましたが、
土曜保育してるとこでも、土曜は園長不在のとこが
多く、結局今日電話をかけ直すことになりました。
今のところ、どの園も特定の見学日を設けてる
わけではなく、都合を聞いてくれそうなので
中間テストの午後か、産休入ったらすぐくらいに
予約を取ろうかと思います。ほんとは夫と
見に行きたいけれど、土曜見学できないところも
あるようなので仕方ないかな。


大学院のこと。

今考えてるのは、T大学の教育研究科です。
ほんとは都内がいいんだけど、なかなか自分が
研究したいテーマが合致する先生が見つからず。

それから、やっぱり費用の面や育児との兼ね合いを
考えると、理想的には二年ないし三年通うより
休職せずに夜間に二年通うか、現職制度を使って
一年で出るか。でも現実的に、自分にそこまでの
体力と要領の良さはないよなと思うと、考えが
まとまらず。

夜間に通うとなると、なんと自宅近くにT大の
夜間キャンパスがあるので通学は楽ですし、
何より休職しないから収入も安定しますが、
仕事と育児と学業の3足の草鞋なんて無理…。
それとこの夜間は教科の専門性というより
学校心理学を扱うので、専修免許は取れるけど
研究したいこととずれてる。

休職して通うとなれば、遠いけど研究したいことは
できそう。ただ、休職すれば当然収入はゼロだし
保育園も指数が「フルタイム労働」→「学生」で
下がるために退園は免れないだろう。二度目の
保活が必要だし、高い認可外に入れることになれば
火の車なんてもんじゃない。
そして、現職制度を使う前提として、既に何らかの
研究成果があって一年で修士論文をかける見込みが
あることが必要なのだそうだ。そりゃそうだ。
当然今のところそんなものはどこにもない。

じゃあ二年かけて普通に通うかとなれば、収入
ゼロ✕二年、保活の必要も前述の通りだから
火の車に拍車が掛かるだけ。

何かを乗り越えていかないと、この話は永遠に
結論が出ない…。