育児&育自diary時々保活。

2017年8月に男の子を出産した新米ママの日々の記録。保活も頑張ります☆

3週2日diary

f:id:adijopuw:20170908185212j:plain

絵にすると大したことないなぁ。

ところで、この三日間の息子の睡眠時間を計算したら12時間50分~13時間10分に収まってて、何だかんだリズムがあるんだなぁと実感しました。

今日は息子の睡眠時間に自分も寝てしまったため、あまり色々できませんでした。

3週1日diary

f:id:adijopuw:20170907160921j:plain

最近ようやくバタバタせずに子の対応ができるような気がしてきました。とはいえ、沐浴後は相変わらず寝ないし、昼寝してもすぐ起きておっぱいをねだられるのはどうしようもなく、ただただ対応しているだけなのですが。


さて、今回はうちの子の気になる悩みを描きました。
皮むけとニキビで肌がかわいそうな状態なのと(今だけだと信じてる)、ゲップ・しゃっくり・おなかのギュルギュルです。
ゲップを出させるのが苦手で、5分くらい背中トントンしても結局出ないまま寝かせて吐き戻しがつつー…ってのが常です。どうしたものやら。



ところで、キラキラよろしくストレッチ&エクササイズで自分磨きだよ!と思っていたのですが、やりすぎたのか?しばらく鳴りを潜めていた悪露が…復活しました。
腰回しや腹筋みたいにおなかに力入れる系は良くないのかな~。でも産後のおなかがやわやわすぎて…何とかしたいです。

入院中に同室のママさんと「体重が意外と減らないよね」って話をしましたが、赤子に羊水胎盤、出るもの出尽くしてまだあと4キロ、、、体重と体型と、せめて元の状態に戻したい。

3週0日diary

f:id:adijopuw:20170906125541j:plain


こんにちは、わーくんママです。
早速、イメージしていたエビちゃんのブログでは絶対やらないであろう、アナログでつけた記録をネットにアップです。


謎のレイアウトによってできてしまった空間に私的授乳三種の神器を描きました。
メデラの搾乳器と乳頭保護器は病院でも同じものを使っていました。私の場合、造影剤を入れた後授乳できなくなったので、搾乳器で搾って捨てていました。病院のは左右同時に搾乳できる「ハーモニー」という機種でしたが、うちで使ってるのは片方ずつ搾乳できる「スイング」という機種。
赤ちゃんと同じ構造で吸ってくれる、と言いますが、容赦ない吸引力の赤ちゃんと違って常識的な力で吸ってくれるのが良いところです。

乳頭保護器は、私の乳首が浅すぎて吸いづらかったため購入しました。ピジョンのソフトタイプも試しましたが、私はメデラのがあってました。

あとは神器というほどでもないですが、「もう乳首が痛い!授乳ムリ!」ってなったときすぐにミルクにシフトできるのは調乳ポットのおかげです。お湯沸くの早いです。




昨日は息子が日中よく寝てくれたので、ストレッチしたり、簡単にですが部屋を掃除したりできたので、充実していました。キラキラには程遠いけど…。

★☆★育児&育自を楽しもう★☆★

どうした?

改めまして、こんにちは。トップ記事が「ジャスサーの妊婦です」のままになっていたので、ジャスサーの産婦に変えるなどしました。
いよいよ今日が3週0日ということで、3のつくときは大変ってよく言いますが、私もここいらでちょっとアクセルを踏み直そうかと思って期間限定でブログを良い感じで更新したいと思います。実家にいる間は保活関係で動けず捗々しい記事もかけないので、だったら育児日記でも書くかみたいなそういう感じです。


リズムができてきたと思った矢先に寝ない、起きない…可愛いはずの息子なのに、どうしてこの生活にしんどさを感じてしまうの?私がダメな母親だから…?同じ週数くらいの方、育児辛くないですか?私は「辛くないよー!」って自信持って言えません。
でもきっと振り返れば、この新生児期の何もかもが見逃せない、かけがえのないものであるはずです。だから、ここは自分のしんどさを偽ってでも育児の楽しさにどっぷり浸かろうではありませんか。
そういうわけで、拝読したことはありませんがイメージはモデルのエビちゃんです。怒らないでください、すぐ諦めますから、それまで見逃してください。とにかくキラキラした感じで育児記録を付けようと思います。


毎日になるか、はたまた三日坊主で飽きてしまうかもしれませんが、とりあえずは夫が実家に来てくれるまで(3週間後くらい)の手慰みとしたいと思います。夫は仕事が忙しいためなかなかこちらには来られないのですが、キラキラ的設定として「夫はロンドンに海外出張中!パパが留守でもママ頑張るからねー☆」ということでお願いします。
私のニックネームもキラキラ感を求めて「わーくんママ」としておきます。「わーくんママ」の中に「ワークマン」が潜んでいるため、吉幾三がチラついちゃって全然キラッとしない気もしますがまぁいいでしょう。とりあえず改めてよろしくお願いします~★

推定乳腺炎になりました。

数日前から頭痛がひどく、乳首も痛いなぁと思っていたのですが、昨日朝おっぱいが赤く熱っぽくなって激痛が走り、ひどい悪寒で、体温を計ってみると38度。
近くの内科を受診し、服薬して少し熱が下がり、買ってきた冷えピタをおっぱいに貼りまくって寝ました。症状的に乳腺炎だろうと言われました。



乳腺炎には「急性うっ滞乳腺炎」と「化膿性乳腺炎」があるらしく、前者が作られた母乳が乳腺で詰まって炎症を起こすもの、後者が細菌感染で乳腺が炎症を起こすもののようです。私がどちらかはわかりませんが、服薬したことと患部を適度に冷やしたこと、乳首を清潔に手入れしたことで今はだいぶ症状がおさまりました。
また、運良くこの週末は夫が実家に来てくれていたので、私は搾乳器で搾るだけ搾って母乳は捨て(授乳OKと言われましたが、あげてみたら飲みが良くなかったので)、夫にミルク担当してもらいました。そのため、疲れやストレスも緩和されてかなり早く回復できたのだと思います。

乳腺炎は放っておいて悪化するとかなり辛いと聞きます。なかなか病院に行けない、という方も多いと思いますが、どうにかやり繰りして病院で薬をもらうのが一番手っ取り早いです。せっかくの赤ちゃんとの時間を辛い苦しいものにしないために、すべてのママたちに自分の体を大切にしてほしいと思います。

部活動指導について

私は中高と絵を描く部活に入っていました。真面目に書いていたのは中1の1学期くらいで、あとの5年と2学期は駄弁ったり漫画書いたりしていました。
だもんで、部活?顧問?なんだっけ?くらいの気持ちで中学校教員になってしまい、初任校では家庭科部のサブ、次の私立校は非常勤だったので顧問なし、現任校1年目は部員3人の書道部だったのでこのスタンスでも破綻しなかったのですが、現任校2年目、運動部の顧問になったとき、私の精神が破綻の危機を迎えました。


破綻しなかったのは、ひとえに一緒に組んでくださった先輩の先生のお陰なのですが、それでも個人的に大変だったことを書いておきます。お茶請けにしてください。

手当がおかしい

部活動の顧問を持とうが持つまいが、給与に差はありません。ただし、休日に部活動指導を行った場合、手当がつきます。4時間以下は無給、8時間以上はノーカンで、大体時給5〜600円程度です。
貰えるものに文句はつけませんが、変だな?と思うのは、交通費が無支給というところです。
引率すれば一日1〜2000円ほど交通費がかかります。結局差し引きで、1000円程のプラスということになります。大会で一日潰して1000円。生徒の安全に多大な配慮をしながら1000円。
無給よりは良いけどおかしくない?これを真面目に考え始めたら頭がおかしくなりそうなので、考えなくなりました。


休日が潰れる

大会が土日2日に渡って行われることもあります。それも定期考査前の貴重な土日などに。私の仕事が遅いのもありますが、平日は放課後を部活動指導に費やし、土日も費やし…授業準備はもちろん、テストが完成しないよ?!ヤバくない?ってときもありました。また、慣例で土曜の午前中は他校との合同練習を行っていましたので、週休1.5日が常でした。


精神的に負担

まず普段の練習、運動部なら怪我はつきものかもしれませんが、ある程度の怪我をしたらすぐ家庭に連絡を入れて事情を説明し帰宅させる…というのが私には負担でした。また、引率も徒歩圏内より電車を乗り継いで行くところのほうが多く、乗り換えの度に点呼をとったり、交通マナーについて語ったりしていましたが一人で40人の生徒を移動させるのは緊張しました。
また、一人で40人の行動を把握するというのは物理的に無理でして、大会時などに不要品を持ってくる文化ができてたりで、至らない顧問だと自分を責めたりして神経がかなりすり減りました。
さらに、40人もいれば合う合わない人間関係もあり、学級をもう一つ経営しているような大変さもありました。




精神的な負担も大きく、拘束時間も大きく、それでいて手当の少ない部活動指導。権利とか釣り合いとかそういうのを考えて顧問をするのは無理です。
思考停止するか、教師は聖職として割り切るか、部活動指導を楽しむか、顧問を拒否するかという選択肢しかありません。
私も初めは専門書を何冊も買って競技のことを理解しようと努めましたが、私は部活動指導に向いてなかったなーと今では思います。

教員の夏休み。

いよいよ8月最後の日になりました。

明日は始業式という学校も多いことと思います。
ちなみに、うちの学校は毎年土曜参観の日程をやりくりして授業数を確保しているのですが、いつも教務主幹(えらいひと)が泣きながら日程を組んでいました。

土曜の午前中を参観日に当てた場合、振休は半日分ですので使いづらいですし(使用期限があるため)、部活動を午後しても、ただの休日に部活をした場合に出る手当は出ません。
そこで、夏休みを短縮して授業数を確保できないかという話にもなったのですが、別のえらいひとたちの権限で上手くいかないらしく、結局振休は使えないまま消滅することが多いです。

ちなみに、先生の夏休みが忙しいかどうかは学校や地域によるかもしれません。よく「夏休みは先生も暇でしょって言われるけどそんなことない」と聞きますが、私は暇でした。
初めの一週間は面談やプールの監視(最低半日は担当)があり、毎日勤務していますが、あとは部活が午前中、大会は2日ほど。大会の日は一日拘束ですが普段の部活は午後何もなければ暇です。2日くらい地域のお祭りがあるので、夜の見回りに駆り出されます。
あと研修が5〜7日くらい、お盆は部活も休みにしています。
だから、夏季休暇5日はもちろん、時間休をとって適当に帰ったりしていました。授業の準備なども学校でやるより家やカフェでやる方が私は捗るし。

そんな環境もあり、1週間くらい短くなってもどうでもいいどころか、普段の土曜日が潰れないなら渡りに船くらいの気持ちなのですが…。

それと給食ないですしね、夏休みは。
給食美味しい自治体なので、献立表をスケジュール帳に貼るくらいには給食好きです!